教育研究分野(富山大学 生命工学科)
富山大学 生命工学科
教育研究分野

遺伝子工学分野 (Genetic Engineering)
遺伝情報工学研究室 (研究室紹介ビデオへ)
担当: 磯部 正治 教授
黒澤信幸 教授
札場裕香 技術職員
遺伝子工学分野では、遺伝子工学の技術を駆使してヒトに役立つモノ創りが行える人材の育成を目標に、 教育と研究を行っています。 具体的には、「癌」・「老化」・「抗体生産」の3つの研究プロジェクトを進めています。
  1. 遺伝子組み換え技術を駆使して、白血病が発症する仕組みを解析しています。
  2. 遺伝学を応用して、老化モデルマウスからボケの原因遺伝子を見つけ出し、 痴呆症の治療に役立てる研究を行っています。
  3. たった1個のBリンパ球から抗体の遺伝子を自動的に取り出し、抗体を生産するシステムを開発中です。 抗体を用いて癌細胞をやっつける治療法への応用を目指しています。

タンパク質システム工学分野 (Protein System Engineering)
タンパク質システム工学研究室 (研究室HPへ)
担当: 伊野部 智由 准教授
生命活動を実質上支えているタンパク質が、細胞内で如何に生まれ死んでいくのかを、 タンパク質科学・生物物理学的視点で理解した上で、 タンパク質の生死を人工的に制御できる技術の開発を目指しています。

分子微生物工学分野 (Molecular Microbial Engineering)
生体情報薬理学研究室 (研究室HPへ)
担当: 髙﨑一朗 准教授
動物モデルを用いて痛みが慢性化するメカニズムの解明と、新しい慢性疼痛治療薬の創薬の研究を行っています。
生物化学研究室
担当: 佐山三千雄 講師
「酵素、微生物を用いた有機合成」、「新規酵素の開発と精製」、「薬の代謝と毒性発現機構」等の研究を行っています。

細胞工学分野 (Cell Engineering)
生物電気化学・細胞電気工学研究室
(研究室紹介ビデオへ)
担当: 篠原寛明 教授
須加 実 助教
"生きている"という生命体の基本単位が細胞です。 本分野では、神経系などの細胞が 分子を用いて情報のやり取りをしている仕組みに着目し、 生体物質、薬物や環境汚染 物質で細胞を刺激した際の応答を迅速簡単に計測する新しい方法や装置を開発し、 医療検査や新しい薬品の効果・化学物質の毒性の簡便評価などに応用する研究を行っています。 また、物理的及び化学的刺激により細胞膜の透過性を変化させ、 遺伝子の導入や細胞内生体物質を抽出する方法も開発しています。

生体医工学分野 (Biomedical Engineering)
脳・神経システム工学研究室
担当: 川原茂敬 教授
臼井弘児 技術職員
脳・神経システムの機能計測や動作原理の解明、および、工学的応用に関する教育研究を行っています。
生体システム医工学研究室
(研究室HPへ)
(研究室紹介ビデオへ)
担当: 中村真人 教授
岩永進太郎 特命助教
再生医療・医療関連機器など、現在の医療技術を科学技術で革新することを目指す教育研究を行っています。

環境生物工学分野 (Environmental and Biochemical Engineering)
生物反応工学研究室 (研究室紹介ビデオへ)
担当: 森脇真希 助手
生物がもつ代謝機能や物質変換能力を有効に利用し、 医薬品、食品など人間生活に関わる“もの作り”に関する教育研究を行っています。
  1. 微生物、キノコ、植物など生物がもっている有益な機能を利用して、 人間の健康維持や自然環境の浄化するための生物工学に関する 教育と研究に取り組んでいます。
  2. 人間に関する研究では、乳酸菌を使って新しい機能性食品や化粧品素材を製造することを、 また、自然環境では、土壌中に存在する有害な重金属を植物の細胞内に取り込ませる植物浄化法の開発や、 農薬などの有害化合物を分解する微生物を検索し、 分解能力の強化などのバイオレメディエーションに関わる研究を行っています。

生体機能性分子工学分野 (Bio-functional Molecular Engineering)
生体機能性分子工学研究室 (研究室紹介ビデオへ)
担当: 豊岡尚樹 教授
有機合成化学の知識と技術を駆使して、 カエルの皮膚に含まれる成分や植物に含まれる成分を参考に、 癌、糖尿病、てんかんといった病気の新しい治療薬の開発を目指し研究を行っています。

生命・プロセスシステム工学分野 (Process Systems Engineering)
プロセスシステム工学研究室
担当: 黒岡武俊 准教授
生命現象・生命活動をシステムととらえてその特性を解析し、 その解析結果をもとに様々なスケールでの生命現象・生命活動に関わる 製造・生産プロセスの設計・制御・監視手法を開発します。 例えば、自動車の運転手や化学工場のオペレータの行動を解析し、 危険行動の兆候を事前に察知することによって大事故を防ぐ、 といった運転支援システムの設計を行います。 また、生命現象に倣(なら)ったシステム工学手法を開発します。


Copyright 2008 Department of Life Sciences & Bioengineering, Faculty of Engineering, University of Toyama
All Rights Reserved.