教職員紹介(富山大学 生命工学科)
富山大学 生命工学科
教職員紹介
生物電気化学・細胞電気工学研究室
篠原寛明
篠原 寛明(教授)
最終学歴
筑波大学大学院修士課程理工学研究科
(工学博士)東京工業大学
研究分野キーワード
細胞工学、神経細胞工学、バイオセンサ、医用・環境計測、非天然アミノ酸を含む人工蛋白質の設計・合成、 バイオとエレクトロニクスをつなぐインターフェイスの設計・開発
主な研究テーマ
生体内では分子を媒介として情報のやり取りが行われています。 私の研究室では、その巧みな仕組みを利用して、 あるいは学んで、 生体物質(特定の遺伝子や癌マーカータンパク質)や 薬物、環境汚染物質を簡単に検出する新しい方法の開発に取り組んでいます。
ホームページ
http://www3.u-toyama.ac.jp/dicty/shino.html
高校生・高等専門学校生の皆さんへのメッセージ
富山は製薬産業が盛んなだけでなく、医療や福祉への取り組みも大変進んでいます。 高齢化社会となり、健康の増進が求められる中、益々複雑になる製薬や医療、 また介護・福祉の問題に対応するには医学や薬学の力だけでは不十分で、 工学(もの作り、技術作り)からの寄与が必要です。 このような工学(生命工学)から医療、創薬、健康福祉の分野に寄与してみたいという 情熱ある学生さんを待っています。

教職員一覧


Copyright 2008 Department of Life Sciences & Bioengineering, Faculty of Engineering, University of Toyama
All Rights Reserved.